1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aimpoint Micro T-1 with LT660

aimpointmt-1 (6)

こんばんわ。
RaLueのLT660 T-1用ハイマウントが届いたので改めてレビューを。
また在庫を探して頂いたミリタリーショップ香港マニアの店長様には改めて感謝致します。

※レビューの前に、一つ訂正をさせて下さい。
前回の記事Aimpoint純正のマウントはミドルハイトと書きましたが、正しくはハイマウントです。
単に自分の構え方が悪くて勘違いしていました。大変失礼しました。(LT660と並べると高さが一緒でした)
ちなみに純正のハイマウントは使い道がないので、欲しい方がいらっしゃれば格安でお譲り致します。

aimpointmt-1 (8)

T-1と言えば、やはりこのRaLueのスタイルがしっくりきますね。

このMicro T-1は2008年に発表されたAimpoint製の新しいダットサイトです。
MAGPUL DYNAMICSでクリス・コスタ氏が使っていたのでも話題になりました。空軍でも使用例があります。
小型軽量でNVにも対応しています。さらに25m防水という化け物です。バッテリーは約50万時間もちます。
ライフルだけでなく、サブマシンガンやショットガン、さらに狙撃銃のサブサイトとしても優秀な逸品です。
(カタログ上のバッテリー持ち時間は光量5~6での値で、9~10での運用なら7~8万時間だそうです)

aimpointmaicrot-1a (3)

前述通りNVモードにも対応。しかしヘルメットマウント型のNVGではマグニファーとの併用は厳しそうです。
とにかく小さくて軽い(100g前後)ので7inchレイルのような狭いスペースでも多くのオプション搭載が容易です。
ミリフォトではAimpointのx3マグニファー(ツイストマウント)とセットで運用されていることが多いですね。
T-1の前にミニサーモを載せている画像もあります。こちらもとても買えるものではありませんが・・・。

aimpointmt-1 (5)

裏面:質実剛健、シンプルでどっしりとした外観に比べて、ワンピースの中空構造で大変軽いです。
T-1用のマウントは各社から出ていますが、こういうデザインのものがミリタリーでは好まれるようですね。

aimpointmt-1 (2)

マウントの表面は反射を抑えるためにアルミに陽極酸化皮膜を形成させたマットブラック仕上げになっています。
この皮膜によって耐腐食性、耐久性も高めてあるようです。表面を触ってみると、とてもさらさらとしています。

aimpointmt-1 (3)

正面から見ると赤く、サイドから見るとグリーンに見える独特なレンズ。
これはレプリカではなかなか再現できないようです。ルビーコーティングのものはありました。
(ミリフォトでも写真の角度によって色が変わっていますが、別に二種類あるわけではありません)

aimpointmt-1 (4)

このグリーンが美しいので大好きです。
昔、レプリカのT-1にグリーンのプラ板をはめ込んで再現を試みましたが、死ぬほど見辛かったです。

DSC_0094.jpg

レンズを真正面から見た場合。このレンズは特殊なもので写り込みや反射を抑えるようです。

aimpointmt-1 (10)

サイト内の視野が狭く、一見、使いにくいと思われるかもしれません。
しかし、既存のダットやホロサイトと比べるとサイトの枠の部分が薄く素早いサイティングには重宝します。
覗きこむのではなく、アイアンサイトのような感覚で使用できるのが最大の特徴です。視野もクリアーです。

aimpointmt-1.jpg

ちなみに12段階での最大光量にすると、ちょっと直視できない明るさです。(逆光用)
実物のComp M2などと比べてもかなり明るいというお話を聞きました。

aimpointmt-1 (9)

RaLueのロックスルーレバー。レプリカでは真っ先に壊れやすい部分ですが、こちらも大変頑丈です。
感心したのはフレームを保護するためか、レイルにはまる部分がツルツルに磨きあげてあったことですね。
ちなみにうちのG&Pのフレームには硬くも緩くもなくカッチリとはまりました。素晴らしいです。
(このへんはさすがにフレームのメーカーによって個体差があるようですので、ご注意ください)

aimpointmt-1 (7)

というわけで、載せてみました。だいぶ完成に近づいてきましたね・・・。
今後の方針としてはx3マグニファーは高いですし、実物ストックやDBAL-A2なんかも欲しいので未定です。
T-1とマウントで相場より3万は安く購入できましたが、それでも懐具合にはなかなかの打撃でした・・・。
しかし、それに見合った満足感はあると確信しております。

それでは、また。
スポンサーサイト



Profile

AXE&HAMMER

Author:AXE&HAMMER
装備を集めたり勉強したりしてます。ただし、あくまでも個人の趣味です。装備に対するアプローチも我流ですのでご了承ください。
その他、各地で参加したサバゲのレビュー、ミリフォトを交えた小物のインプレッションなどをしていきます。
そういうジャンルが苦手な方はブラウザの戻るボタンを押して下さい。
※記事の無断転載は硬くお断りいたします。

 
 
 
 
 
QR Code
QR
 
 
Keyword Search
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。