1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M4A1 09PA Ver.

pjm42012.jpg

こんばんわ。
久しぶりに自分のライフルの紹介をしましょう。かなり細かい箇所で改修とパーツ交換を行っています。
自分の目指す仕様に98%くらいまで近づいています。ここまで来るのに3年もかかってしまいました。
中身に関してはショップに丸投げなのですが、ノンホップ、0.2gで0.90J前後の初速、微ハイサイです。
駆動は後部配線、バッファーチューブ内にET-1のLipoバッテリーを内蔵しています。

pjm42012 (14)

最大の懸案だったAimpoint Micro T-1をようやく入手できました。EOTechや諸々手放してやっとです。
残念ながらマウントがAimpoint純正のミドルハイトマウントで、LaRue TacticalのLT660ではありません。
※訂正、Aimpoint純正のマウントはハイマウントでした。お詫びして訂正いたします。
同じミドルハイトのLT660HKと迷いましたが、LA5を載せる関係でやはりLT660に交換したいところです。
しかし、T-1のマウントは各メーカーたくさんリリースされてるので悩みます。

pjm42012 (4)

Micro T-1は08年に発表されたAimpoint製の比較的新しいレッド・ダットサイトです。
MAGPUL DYNAMICSでクリス・コスタ氏が使っていたのでも話題になりました。空軍でも使用例があります。
小型軽量でNVにも対応しています。さらに25m防水という化け物です。バッテリーは約50万時間もちます。
ライフルだけでなく、サブマシンガンやショットガン、さらに狙撃銃のサブサイトとしても優秀です。
ミリフォトではマグニファーとセットで運用されていることが多いですね。

pjm42012 (8)

大きな外装パーツの変更はアウターバレルです。
以前まで使っていたKAのアウターが事故で曲がってしまったので、やむなく全て交換することになりました。
このアウターバレルは内ネジ仕様になっていてアダプター交換で14mm正逆、12.7mm径のハイダーも使えます。

pjm42012 (6)

SUREFIREのMB556KのDYTAC製のレプリカですね。マズルブレーキというだけあって派手なデザインです。
ちなみにSUREFIREのハイダーは基本的にサプレッサーアタッチメントとしての機能も持っています。
これはレプリカですが、なんとMADBULLのライセンスサプレッサーがはまったりします。(固定が甘いので注意)
いつかはSF556-212ハイダーを付けてあげたいところです。

pjm42012 (11)

米軍官給の証、Fマーク入りのフロントサイト。VFC製のレプですがスチールでかなり良い雰囲気です。
フリーフロートRASには必要のないハンドガードキャップですが、空軍写真ではそのままなのが多いので再現。
あと、まったく見えませんがガスチューブはちゃんとチューブになっているVFC製のものです。
※予断ですが、米軍ではガスブロック関連パーツの交換には非常に煩雑な申請をしなければならないそうです。
※ですので、コスをする方は特に写真がない限り三角フロントサイトで間違いないのではと個人的な感想です。

pjm42012-(13).jpg

RASはDANIEL DEFENSEのΩRail 7inch。実物です。
G&Pのフレームに適正位置で固定するためにシステマのバレルナットを使っています。DリングはVFCです。

pjm42012 (3)

交換したパーツの一つはチャージングハンドルですね。
前まで付けていたタクティカルラッチのものは装備にあちこち引っかかるので、使いにくかったのです。
電動ガン用のチャージングハンドルは99%飾りなのですが、パーツの色が真っ黒なのが多くて困ります。
そこで色の良いSYSTEMAのスチールチャージングハンドルに交換しました。引いた感触も重くて好きです。
ちょっとまだ動きが渋いですが、シリコンスプレーなどを吹いてやればマシになるかもしれません。
※BUISはA.R.M.S.の40L-SPです。こちらも空軍の写真で使用例があります。かっこいいリアサイトです。

pjm42012 (2)

SUREFIRE SCOUT LIGHT M600C 200ルーメンのウェポンライト。
フォアグリップはTANGO DOWNタイプのバトルグリップ。レプですが、色が良いです。

pjm42012 (15)

地味ですが、トリガーガードをスリムタイプから、幅広で肉厚のものに交換しました。
マガジンキャッチはボタン側に六角ネジがないリアルタイプ(KingArms)固定方法は実物と同じです。

pjm42012 (12)

PTSブランドのERGOグリップです。握りやすくてお気に入りのグリップです。おすすめ!

pjm42012 (10)

フレームはG&PのColt M4A1官給フレームですね。安価ですが、それなりの出来です。
しかし空軍PJの写真だとやたらとM4(3 BURST)が多いので、いつかは無刻印ロアーにレーザーで・・・。
セレクターとボルトリリースはGUARDER製のスチールです。

pjm42012 (7)

VLTORのクラブフットストック。STARのレプリカです。使いこんで良い風合いになってきました。

pjm42012 (16)

自分でカスタムしたLA5-PEQです。詳細は別記事がありますのでそちらでそうぞ。
http://gunwithwings.blog.fc2.com/blog-entry-75.html

こんなところで。
スポンサーサイト



Profile

AXE&HAMMER

Author:AXE&HAMMER
装備を集めたり勉強したりしてます。ただし、あくまでも個人の趣味です。装備に対するアプローチも我流ですのでご了承ください。
その他、各地で参加したサバゲのレビュー、ミリフォトを交えた小物のインプレッションなどをしていきます。
そういうジャンルが苦手な方はブラウザの戻るボタンを押して下さい。
※記事の無断転載は硬くお断りいたします。

 
 
 
 
 
QR Code
QR
 
 
Keyword Search
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。