1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LA-5 PEQ(12/06/14追記)

la5peqck (5)

こんばんわ。
大陸からLA5 PEQのレプリカ(バッテリーケース)が届きました。黒とTANです。
高出力版のLA5はミリフォトでも頻出なので、待っていた人は多いのではないでしょうか。

la5peqck (8)

自分がいままでチマチマ手をいれてきたものと並べてみます。正直複雑な気持ちです。
いろいろと気になる点はあるのですが、価格も安いし、飾りとしては良いかもしれません。
塗装してウェザリングをかけてやればそれなりです。ただ、こだわる人にはイマイチでしょう。

la5peqck (9)

何を考えたのか、バッテリーは前の部分を取り外して抜き差しします。馬鹿でかいネジが…。
これだとおにぎりフロントサイトなどではいちいち銃から取り外さないといけないかもしれませんね。

la5peqck (7)

金型は新規で起こされたもののようで、VFCのものと比べると細かい部分がかなり異なります。
実際のLA5の写真と見比べてみるとばっさり斜めにカットされてる部分の角度がちょっと急ですね。
ちなみにこのダイアルの部分は、台湾のショップが以前VFCのPEQ15用に出したカスタムキットのコピーです。

la5peqck (2)

そのせいか、このようにサイドのダイアルが浮いてしまっています。

la5peqck.jpg

造型は安いなりです。接着剤の液だれがあちこちで固まってたりしました。

la5peqck (6)

ブラックカラーは比較的、造型もかみ合わせも良かったです。カスタムベースにはこちらが最適でしょう。
おそらくTANの注文が多くなってTANカラーを慌てて作ったためにこのような精度の差が出たのかもですね。
自分もこちらをベースに肉付けなどをしていきたいと考えています。

la5peqck (4)

LA5の外観的特徴で固定ネジ後ろの出っ張りがフラットになってるのですが、これはそのままです。
再現をしたければ、その部分を切り落として埋め直したほうがそれらしく見えると思います。

la5peqck (3)

ステッカーもVFCのコピーですね。

追記:

la5peq.jpg

中華LA5のブラックをベースに、簡単にカスタムを施してそれなりに見せてみました。
まず、表面の塗装、雰囲気を出すためにタミヤカラースプレーのサンド系濃淡6色くらいを吹いてます。

DSC_0350.jpg

シーリング用の赤いOリングの交換、モールドだったリミッタースクリューをラジコン用の青いネジに交換。
切り替えレバーのところにリミッター用のネジ穴を一か所追加、自作のステッカーを貼って完成です。
結構、既存の材料で簡単にディティールアップできたので、今回からこいつを使っていこうと思います。

DSC_0335.jpg

追々記(2012/6/14)

DSC_6286.jpg

右側のケーブルを差し込む部分の出っ張りがどうしても気になって削り取ってしまいました。
ここが平らになっているのもLA-5の特徴なので、気になる人は多そうです。材質的に結構簡単に切り取れました。

DSC_0617.jpg

プラ板とパテであいた孔をふさいでから、しっかり磨いて塗装して完成です。

DSC_0635184156.jpg
スポンサーサイト



Profile

AXE&HAMMER

Author:AXE&HAMMER
装備を集めたり勉強したりしてます。ただし、あくまでも個人の趣味です。装備に対するアプローチも我流ですのでご了承ください。
その他、各地で参加したサバゲのレビュー、ミリフォトを交えた小物のインプレッションなどをしていきます。
そういうジャンルが苦手な方はブラウザの戻るボタンを押して下さい。
※記事の無断転載は硬くお断りいたします。

 
 
 
 
 
QR Code
QR
 
 
Keyword Search
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。