1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACOG TA-31 RCO M150

acogd (4)

こんばんわ。
今夜は光学照準器TrijiconⓇ社製 ACOG TA31のご紹介になります。M4やM16のサイトでは有名なものですね。
ACOGはAdvanced Combat Optical Gunsightの略称で、読み方はエイコッグですが、アコグと呼ばれたりもします。
最大の特徴は集光チューブとトリチウムによって、全く電源を必要とせずにレティクルを発光させられる点です。
モデルによって倍率は1.5~8倍までありますが、これは4倍固定のものになります。

acogd (8)

浮き彫り刻印の下に削られた部分が見えますが、ここには聖書の節を示す刻印が刻まれていました。
しかしアメリカのキリスト教団体からの強い抗議にトリジコン社が配慮し、削り取られたそうです。(wikiより)

acogd (5)

TA-31の外観上の特徴である集光チューブは光ファイバーです。異様な迫力を醸し出していますね。
夜間作戦で充分な日光を確保できない状況下においても、内臓されたトリチウムがレティクルを発光させます。

acogd.jpg

少し古い写真でモデルが異なりますが、TA31を使用していた画像です。

acogd (6)

Foreign Pat.と書かれていますね。

acogd (7)

陸軍納入の最新モデルということで、バトラーキャップとレーザー対策のフィルターが追加されてます。
光量に応じてレティクルの発光は自動調整されます。戦闘距離は600mで、11m防水になっていることも特徴です。
これだけ長いと立派なスコープですね。

acogd (3)

値段が値段ですので、サバイバルゲームで使用するにはいささかオーバースペック感があります。
しかし、レンズの綺麗さと覗いた時の視界の広さはレプリカとはまるで比べ物にならず、驚きます。
よく言われるアイリリーフの短さもレプリカより1.5cmほど後ろに長くなっているので問題はありません。
箱出しで40mは当てられる次世代SCARなどに載せれば無駄弾を撃つことなくヘッドショットが可能でしょう。
こんなものを兵士ひとりひとりに配れるアメリカの力たるや、空恐ろしいものがありますね。

acogd (2)

現在は各国の正式ライフル用のマウントやアクセサリーなども豊富に出ています。
しかし、やはりM4やM16に載せるのが一番似合う光学サイトではないかなと個人的には思います。

でもやっぱり高いですね。
スポンサーサイト



Profile

AXE&HAMMER

Author:AXE&HAMMER
装備を集めたり勉強したりしてます。ただし、あくまでも個人の趣味です。装備に対するアプローチも我流ですのでご了承ください。
その他、各地で参加したサバゲのレビュー、ミリフォトを交えた小物のインプレッションなどをしていきます。
そういうジャンルが苦手な方はブラウザの戻るボタンを押して下さい。
※記事の無断転載は硬くお断りいたします。

 
 
 
 
 
QR Code
QR
 
 
Keyword Search
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。