1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[追記7/11] SPECIAL FORCE

フィールド外観

こんばんわ。
今日は7/16に開催されるTwitterの友人達とのサバゲオフの会場を下見してきました。
静岡県焼津市の漁港の一角にあるインドアフィールド「焼津スペシャルフォース」さんです。
初めてのフィールドなので、ゲームのタイムスケジュールやレギュレーションを検証するためです。
オフ会に参加される方や、遠征を考えている方など、このレビューを参考にして頂ければ幸いです。
(サムネイルをクリックすると画像を拡大表示できます)

フィールドマスコット
フィールド正面の扉には一際目を引く看板娘たちが描かれています。(三姉妹だそうです)
近いうちにこのイラストのTシャツも販売されるそうです。絵柄が好みなので欲しいですね~。
あんまり関係ないですが、一番左の娘が七咲さんっぽくてイイですね。

フィールド内1
フィールドの全体です。元造船所を改造して作られているので、天井が非常に高いです。
1面のみですが、端から端まで約50mの奥行きがあり、左右の幅は30m程度でしょうか。
奥と手前にフラッグ小屋と、物見やぐらがあります。(やぐらに入れるのは一度に2名までです)
板やドラム缶など、バリケード類はそれなりにバランスよく配置されていた印象を受けました。
有名な所だと山梨にあるAGITO(アジト)のBフィールドに近いイメージです。

フィールド内2
やぐらの高さは約5.5mです。銃眼はありますが、フィールドのどこにいても丸見えになります。
戦闘で利用するというよりも無線を使ったゲームなどで活用するほうが良いかもしれませんね。

フィールド内部 追加1
二階のセイフティーゾーンから撮影しました。安全のためゲームが始まると閉まってしまいます。

フィールド内部 追加2
中央の空中回廊からセイフティーゾーン方面を撮影してみました。回廊の高さは約2mです。

フィールド内部 追加3
内部の写真を追加したので、よりイメージしやすいかなと考えています。

フィールド内1階
一階は写真撮影に良さそうな感じでした。戦闘中は死角をうまく移動するのがミソになりそうです。
ちなみにバリケの配置は一ヵ月おきに変更されるそうなので、16日はまた違う顔になっているかも。

フィールド内1階奥
元が漁船の造船所(修理工場)なだけあって、その当時の面影を色濃く残しているのが特徴です。
こちらは船をドッグへ出し入れするためのスロープですね。今も海と繋がっていて海水が見えます。

フィールド内中央ブリッジ
フィールドを囲うように八の字に空中回廊があります。幅2mほどですが、隠れて進むのは困難です。
二階というほど高さはありません。丸見えなので上と下から上手に攻め上がる必要がありそうですね。
水銀灯があるので、ナイトゲームも楽しめます。(電気を消してのゲームもできるそうです)

交戦距離
下見時に、たまたま4名の方が2×2でゲームをなさっていたので、フィールドの使い方を見学しました。
フィールドの対角線上、端から端にマルイのボルトアクションライフルの弾が余裕で届いていました。
かと思うと、上の写真のように交戦距離が非常に短い位置で撃ち合いになっていることもありました。
電動ガンによるフルオート射撃だと破損が多くなりそうですので、セミオートが丁度良いと思います。
トルネードも活躍しそうですし、ハンドガン戦なども楽しめそうですね。

シューティングレンジ
こちらはフィールドの奥に設けられているシューティングレンジです。30mなので調整には充分です。
この空間はもともと船の塗装を行う所だったようです。エアーの配管などがそのままになっています。

セイフティ
こちらはセイフティーゾーンです。見ての通りかなり広いです。大荷物でも安心ですね。
ただし空調が扇風機のみと、真夏には少し辛いかもしれません。熱中症対策は念入りにしましょう。
四方が壁に囲われているため、どこにいても基本的に蒸し暑いです。水分補給は死活問題になります。

セイフティ2階
セイフティの二階、物販の部屋には身体を投げ出せるスペースがありました。

物販
セイフティの二階にも同じ広さの空間があり、物販もあります。品揃えはもう一つといった所です。
二階と中二階の二か所からゲームを観戦できますが、肝心の観戦窓が小さいのがちょっと残念です。

更衣室
フィールドとは別棟に女性用に更衣室やトイレがあります。ただ鍵はかからないそうです。

外観
非常に雰囲気のある外観をしています。駐車場もそれなりに広いですね。

総評:
実際に見学してみて、予想以上に楽しそうなフィールドだと感じました。
フィールド内を案内をして頂いたスタッフの方達もとても丁寧で親切でした。


追伸:バイオハザ―ド戦について

当日、2ゲームくらい銀ダンとエアコキを用いた特別ルールのゲームを企画しています。

・フィールド内に増殖するゾンビの群れを撃退しつつ隠された時限爆弾を見つけて解除します。
・もし生存者が全滅したり、制限時間内に爆弾を発見できなかったときは任務失敗で敗北です。
・フィールドにはショットガンなどが隠されているので、うまく利用して下さい。

・ゾンビは走れませんが、銀ダンで生存者を攻撃できます。
・ゾンビにヒットされると、セイフティに戻ってからゾンビとして復活できます。

・ゾンビは無敵ですが、ヒットされると一度セイフティに戻らなければなりません。

これを基本に、当日、現地で細かいルールの調整などを行います。お楽しみに。


スポンサーサイト



Profile

AXE&HAMMER

Author:AXE&HAMMER
装備を集めたり勉強したりしてます。ただし、あくまでも個人の趣味です。装備に対するアプローチも我流ですのでご了承ください。
その他、各地で参加したサバゲのレビュー、ミリフォトを交えた小物のインプレッションなどをしていきます。
そういうジャンルが苦手な方はブラウザの戻るボタンを押して下さい。
※記事の無断転載は硬くお断りいたします。

 
 
 
 
 
QR Code
QR
 
 
Keyword Search
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。