1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HEADGEAR×PELTOR

headgear (5)

こんばんわ。
サバゲーを再開して、また装備熱がちょっとずつ上がってきました。
ブリーチャーの発売も控えているこの時期ですが、今回はヘルメットを少し更新。
(四つ目なのは単に派手さの問題と、PVS15がぶっ壊れてるせいです・・・)

headgear (2)

まずはこいつです。PELTOR純正のARC kitです。
OPS-CORE等のモジュラーヘルメットにバンドを介さずにヘッドセットを装着できます。
ちょっと欲しいと思ってたんですが、CONTOURが付けられなくなるなと見送ってました。
最近、ふと流れてきたミリフォトを見て、これは使えるのでは?と実践してみました。

BtTJ4KTCcAADJzU.jpg

レールの上部分から捻じ込んでソフトハンマーで少しずつ叩き入れる感じです。

headgear (3)

インストレーションですが、ヘッドバンドを切ってコードとバンドを分離します。
バンドからハウジングとマイクを外します。ハウジングは横向きにすれば簡単に外れます。
あとはARCキットのほうに組み替えるだけです。パーツや取付けの向きに注意が必要です。

headgear (4)

COMTAC系列なら比較的インストレーションは簡単です。
SORDINなんかでも使えるそうですが、説明書をよく読んだ上で加工は自己責任でお願いします。

headgear (6)

このように機能性と快適さを損なうことなく、CONTOURとの同時付けが可能になりました。
コムに付けてるジェルパッドと相まって、非常に快適で驚きます。圧迫感のない適度なフィット感です。
また、バンドがないのでゴーグルやサングラスなどをかけたまますっぽり被ることができます(超重要)
ヘッドセットを後ろから付けることができれば、サイドレールを有効活用できるのでオススメです。

headgear (7)

反対側はブームマイクの位置の関係で上に付けてあります。あえてのアシンメトリーでどうでしょう。

arckity.jpg

ハウジングが煩わしい時は、取り付けアームを回してメットの上に跳ね上げておくこともできます。

acrgtth.jpg

アームは2ポジションで開いたり、閉じたりができます。
ヘルメットをかぶる時はアームを開いておけばよりスムーズに装着ができるでしょう。
かぶったらバチンと音がするまでアームを閉じれば、最適な位置にハウジングが固定されます。

headgear (9)
headgear (8)

最近、どこを目指してるのかよく分からなくなってきましたが、僕は元気です。
とりあえずHEL-STARちゃんの横付けは、ちょっと玄人感出てて良いと思いました。

headgear (10)

後ろのボリュームが欲しくなったので、REALMENTさんでTYR-TACのバッテリーポーチを購入。
電池とか、NVG用のカウンターウェイトなんかを放り込んでおくといいかもしれませんね。
関係ないですがTYRでチュールって読むらしいです。数カ月前まで知らずに買ってました。

headgear (1)

ここにもなんかコールサインパッチを貼りたいですねぇ・・・。
というわけで、今回はこんなところで。またお会いしましょう。
スポンサーサイト



Profile

AXE&HAMMER

Author:AXE&HAMMER
装備を集めたり勉強したりしてます。ただし、あくまでも個人の趣味です。装備に対するアプローチも我流ですのでご了承ください。
その他、各地で参加したサバゲのレビュー、ミリフォトを交えた小物のインプレッションなどをしていきます。
そういうジャンルが苦手な方はブラウザの戻るボタンを押して下さい。
※記事の無断転載は硬くお断りいたします。

 
 
 
 
 
QR Code
QR
 
 
Keyword Search
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。