1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
06


Survaival State LuanaStyle

rowanasite (2)

こんばんわ。
今回、千葉の酒々井にオープンした新フィールド「LuanaStyle」さんのこけら落としゲームに参加しました。
100×100m規模のフィールドを三面も備えた大型フィールドです(現在サイト1~2までが使用可能です)
ちなみに、こちらのフィールドは定例会はなく、完全貸し切り制になっております。

rowanasite (17)

とにかくセイフティゾーンが今まで見たどんなフィールドよりも広大で度肝を抜かれます。
コの字型に1~3までのフィールドそれぞれに30~40名分の机とテーブルが用意されています。
特に駐車スペースは区切られていないので、セーフティの近くに並べて駐車することになります。

rowanasite (3)

レンタル銃にはM4がズラリ!
他のフィールドさんのレンタル銃はβスペツナズやG3SASが多いイメージですが、ARが沢山並ぶと壮観です。

rowanasite (4)

rowanasite (16)

BDUのレンタルもあるようですが、物販はまだまだこれからという印象です。
一応、BB弾は買うことができますし、自動販売機も設置されているので水分補給はできます。

rowanasite (5)

トイレと手洗い場、プレハブですが、トイレはもちろんウォシュレット付きです。
最近の千葉界隈ではセーフティーゾーンの設備でお客さんの入りが大きく左右されますね。
もちろんオープンしたてなので、お客さんの意見などを組み入れて今後どんどん良くなると思います。

rowanasite (12)

コの字型のセーフティの真ん中に50mのシューティングレンジが設置されています。
距離マーカーも見やすいです。今後、左右が壁で囲まれて風の影響を小さくできれば最高ですね。
ちなみにこちらはメインのシューティングレンジですが、各フィールドにもそれぞれレンジが設置されています。

rowanasite (6)

ゲームに使用したサイト1(便宜上の名称)は全体が濃い森になっています。
バリケードはまったくないので、濃いブッシュと木々の間の細い隘路を進むことになります。
道が複雑に入り組んでいてダッシュは封じられていますので、仲間との連携が勝利のカギです。
写真には何か写っているみたいですが、きっと気のせいです。

rowanasite (8)

セーフティゾーンの手前側はそれなりに刈り込まれていますが、こういう場所は少ないです。
フィールドの奥にいけば行くほど、ブッシュは濃くなっていきます。森の中も暗いです。
ちなみにこのフィールドはレイド方式のセイフティロードがフィールドに設置されています。
ヒットされたあとでも安全にセーフティに退避できますが、現状は片側にしかありません。

rowanasite (7)

こういう人工のバリケードがない森フィールドはとても珍しいです。
普段のゲームで、どれだけ移動や索敵などにバリケードが重宝するものなのか実感しました。
靴音と息を殺して、仲間とカバーし合いながらでなければ先に進むことも困難になっています。
そういうフィールドなので、慣れるまでは引き分けになることが多かったですね。

rowanasite (9)

こちらはサイト2です。バリケードが全くないデザートユニオンのような様相です。
奥に見えている森の中にもフィールドがあります。そちらは高低差の激しい森フィールドです。
この平原のフィールドには今後、バリケードなどが設置されるかもしれませんね。

rowanasite (15)

サイト2もすでに貸し切りが可能になっています。次回はこちらでもやってみたいですね。
こういう平原を見ていると南北戦争やアメリカ独立戦争的なリエナクトが流行りそうです。

rowanasite (13)

こちらはフィールド自体がまだ工事中のサイト3のセーフティですが、テーブルは設置されています。

rowanasite (10)

rowanasite (11)

サイト3はひざ下までの草が生い茂る草原です。写っている森の奥もフィールドになります。
ヴェトナムやアフガンなどのリエナクトの写真撮影にはもってこいな背景です。
ティアーズ・オブ・ザ・サンのラストシーンなんかも再現できそうですね。

rowanasite (14)

移動式のフラッグポールです。レバーでホーンを鳴らすことができます。


総評:

サイト1の森はサバゲーの基本に立ち返ることができる非常にテクニカルなフィールドでした。
連携やハンドサイン、無線をフルに活用して、歩き方やガンハンドリングなどを見直すといいでしょう。
特にバリケードに頼ることができないので、会敵した場合の立ちまわりも非常に重要になります。
サバゲーフィールドというよりも、演習場といった趣でしょうか。非常におもしろかったです。
植生はSEALsやヴィレッジ1、サバス、ヴィジョンなどに近いようですが、ブッシュはどこよりも濃いです。
サイト1は地形の高低差はありませんが、微妙な窪地や太い木などが多く、死角が多くなりがちです。
森の中を隊列を組んで移動していると、先頭を行く人がヘッドショットされる事態が頻発します。
このフィールドのカギは「連携」に尽きますね。

設備やバリケードに関しては出来たてで、現時点で僕がこれ以上触れることはしませんが、
オーナー様はできるだけ多くのサバゲー好きに口コミで遊びに来てもらいたいと考えているようです。
気になったことや、意見をオーナーさんに伝えてみることで、今後より良いフィールドになるのでは。
今後が非常に楽しみなフィールドなので興味がある方はぜひ見学で訪れてみることをお薦めします。

次回はゲームのレポートになります。ではまた。

■公式ブログ
http://luanastyle.militaryblog.jp/

ミリブロとは別に公式サイトがあるというお話だったのですが…
検索しても見つからなかったので、後日追加いたします。
記事にコメントも付けられるようですので、お手数ですが問い合わせはそちらで。

■公式HPはこちら
http://luanastyle.com/

ちなみに場所は酒々井ICから車で10分のくらいのところです。
フィールドの直前にミニストップもあるので、補給も可能です。
スポンサーサイト



Profile

AXE&HAMMER

Author:AXE&HAMMER
装備を集めたり勉強したりしてます。ただし、あくまでも個人の趣味です。装備に対するアプローチも我流ですのでご了承ください。
その他、各地で参加したサバゲのレビュー、ミリフォトを交えた小物のインプレッションなどをしていきます。
そういうジャンルが苦手な方はブラウザの戻るボタンを押して下さい。
※記事の無断転載は硬くお断りいたします。

 
 
 
 
 
QR Code
QR
 
 
Keyword Search