1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wilcox L2G05(Dummy) 12/06/18

wilcg05 (7)

こんばんわ。
今日はドイツから荷物が届いたのでご紹介しようと思います。
自分も先日実物を購入したばかりのWilcox L2G05 NVマウントのアームベースレプリカです。
中華ではなくドイツ製というのは、これはドイツ人のマニアの方が作ったものだからです。

wilcg05 (4)

材質は鋼鉄、寸法をおこして機械製作の上、仕上げは外注という気合の入りっぷりです。
中華に爪の垢を煎じて飲ませたいですね。もちろん、この上に実物アームマウントの取りつけが可能です。

wilcg05 (3)

裏面もなかなかの再現度ですね。ちなみに実物はツヤツヤですが、これは少しざらっとした仕上げです。

wilcg05.jpg

実物と並べてみました。
さすがに重ねてみると若干の差はありますが、ヘルメットに付ければ分からないレベルかと思います。

:追記

このマウントを買って頂いた方から、写真を頂きましたので紹介しておきます。

g2l05wm (4)

g2l05wm (2)

g2l05wm (3)

g2l05wm.jpg

これ全部レプリカというのはちょっと信じられないですね!すごく雰囲気が出ています。


※オマケ

wilcg05 (2)

中華のPVS18のレプを購入してみました。
とはいっても本体ではなく、マウントに固定する部分の台形のパーツが目的でしたが…。
PVS-15の単眼バージョンという感じですが、同じ単眼の14とはオプションなどの互換性はないそうです。
二か所にあるマウントに付け替えることで、左目右目にそれぞれ対応するようになっています。

wilcg05 (6)

正直、自分はPVS-15のほうが好みです。パーツを取ったら要らない子ですね。

wilcg05 (5)

実物のマウントにもカッチリ固定できます。あとは現在補修中の15に移植するだけですね。

スポンサーサイト

S&S MANTA STROBE LIGHT kit

mantas (2)

こんばんわ、ちょっとおもしろいアイテムの紹介です。
S&S Precisionのマンタストロボライトです。上の写真を見て「ん?」となった方は鋭いです。
実はこれ、組み立て式のレプリカでございます。実物は大変高価なのでなかなか手が出ません。
ちなみに↓の写真が実物です。

mantas (7)
※WARRIORS.blogから転載の許可を頂いております。http://warriors.militaryblog.jp/e282870.html

細かい部分のカラーは違いますが、風防のクリアー感などは再現できたのではないかと思います。

mantas (6)
※WARRIORS.blogから転載の許可を頂いております。http://warriors.militaryblog.jp/e282870.html

マンタストロボ組み立てキット¥4,980-

このように大変シンプルなキットですが、一工夫加えてやると最初の写真のような風合いにできます。

mantas (5)

箱出し状態では、中身を誤魔化すためにかなりスモークがかかった仕上げになっています。
そこでコトブキヤなどが販売しているフィギュアやプラモデルの曲面用のスポンジヤスリを使用します。
クリアパーツなのでもっとも目が細かいものがおススメです。それを使って表面も裏面も丁寧に磨きます。
あまりやり過ぎると完全に透明になってしまうので、ほどほどが良いです。その後綺麗に洗って干します。
完全に乾燥したら、トップコートなどの光沢クリアースプレーを表と裏に吹けば完了です。

mantas (4)

風防がクリアーになったので、中が丸見えになってしまいます。
そこで、それなりにリアル感を出すために、ジャンク品から基盤を引っぺがして利用しました。
(最初は基盤をこのカタチにしようとしたのですが、あまりに硬くて断念せざるを得ませんでした)
結局、元からついていたパーツをメタリックグリーンで塗装し、基盤から外したパーツを接着!
手元に本物があれば、もっとクオリティを高められたと思いますが、現状ではこれが限界でした。

mantas (3)

ちなみに寸法が本物と同じなので、そのまま電池を入れるとカタカタしてしまいます。
そこでレプリカのスカウトライトから電池用のバネのような接点を接着してカタつきを防止しました。

mantas.jpg

ちなみに細かいパーツも塗装前にバリを取って丁寧に研磨してあります。
個人的にはそれなりに良く出来たと思っています。もう一個作る機会があれば、もっとリアルにしたいですね!

MAGPUL-PTS CTR STOCK

こんばんわ。
WAM4用に新しいパーツを購入しました。
すごく今更ですが、MAGPUL PTSのCTRストックです。カラーはDEです。

magpul_pts_ctr (6)

レプリカとは違って、硬質デュポンポリマーの肌触りは格別ですね。
MAGPUL DYNAMICSによるタクトレ旋風で有名になったストックです。
しかし現行の米軍コスをするうえでは、1つあって損はしないでしょう。
それくらい米軍での使用率も増えています。

magpul_pts_ctr.jpg

画期的なダブルロック機構で非常に使いやすいです。
WAM4用に買いましたが、電動ガンにももちろん使用できます。
バッファーチューブはVFC製ですが、トイガン準拠のものなら大丈夫でしょう。

magpul_pts_ctr (5)

PTS純正のラバーバットプレートも付属しています。
肩への当て心地もなかなか良いですね。

magpul_pts_ctr (3)

使用例です。スッキリとした印象になりますね。

magpul_pts_ctr (4)

基本的に電動ガンはクラブフットストックでいきますが、CTRもかっこいいです。


Profile

AXE&HAMMER

Author:AXE&HAMMER
装備を集めたり勉強したりしてます。ただし、あくまでも個人の趣味です。装備に対するアプローチも我流ですのでご了承ください。
その他、各地で参加したサバゲのレビュー、ミリフォトを交えた小物のインプレッションなどをしていきます。
そういうジャンルが苦手な方はブラウザの戻るボタンを押して下さい。
※記事の無断転載は硬くお断りいたします。

 
 
 
 
 
QR Code
QR
 
 
Keyword Search
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。