1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GLASS BREAKER for Tier1

devgruwb416 (4)

数週間と置かずに記事を更新するのは本当に久しぶりかもしれません。
次はいつになることやら……!というわけで、例のアレを購入してきました。

devgruwb416 (6)

とある写真で一躍脚光を浴びたAACサプレッサー用のインパクトツール。通称グラスブレーカーです。
限定生産のレプリカ品で、入手を諦めていましたが今回、幸運にも手に入れることができました。
DEVGRUなどに少数納入された品だそうですが、僕は単に416Cの変態度をあげたくて買いました。
WINDOW BREAKERでもGLASS BREAKERでもいいみたいですが、正式名称があるのかは不明です。

devgruwb416 (2)

素材はAL-6061硬質アルミニウムで、めちゃめちゃ軽いです。表面はハードアナダイズド処理されてます。
エアガン用サプレッサー用に最適化されていて直径36.5mm~38mmのものに取付が可能とのことです。
ちなみに、うちにあるMP7用のサプレッサーにも付きました。

devgruwb416 (3)

驚くほどの精度で加工がされていますが、インパクターが鋭いのでサバゲーでの使用には要注意です。
できれば使用は写真撮影に留めて、ゲーム中はサプレッサーを外しておいたほうがいいかもしれません。
ともあれ、こういう落とすとリカバリーが難しそうなアイテムはお金があれば確保しておきたいですね……。
僕自身もほとんど諦めかけていました。

devgruwb416 (7)

今回は痒いところに手が届くと評判のWARRIORSオリジナルステッカーのVer3も購入してきました。
各種PTTやヘルメット、コンパス用など雑多なラインナップですが、小物の雰囲気を高めるには最適です。

devgruwb416 (8)

TCI UNIVERSAL PTT

devgruwb416 (9)

NVG COMPASS

devgruwb416 (1)

EOTech

簡単でしたが、今回はこんなところで。
またお会いしましょう。

スポンサーサイト

HK416D

hk416d (11)

「年内は更新しないと言ったな?・・・あれはウソだ」

こんばんわ。
ラストエントリーのあとにマルイの次世代電動ガン「HK416D」が発売になりました。
自分はVFCの416を購入予定なのでキャンセルしたのですが、仲間が3人ほど購入しました。
その中の一人が塗装とカスタムを施したものがカッコよかったので記事にしました。

hk416d (12)

とても昨日発売になった銃とは思えない雰囲気です。完全に戦闘用ですね。
買ったその日にここまで塗られた個体はなかなかないかもしれません。(僕にはとてもできない
作動は既存のM4系次世代と大きな差はありませんが、かなり甲高い作動音がします。
サプレッサーとはそれなりに相性が良さそうです。

ちなみに↓こちらはVFC製のHK416Dです。(KOTTAさん所有)

20121223 (6)

外観だけなら、VFC製のほうがよくできています。
ただ飛んで当たるようになるまで改修するのに、マルイ416が買えるお金がかかる可能性大です。

hk416d (4)

ナイツタイプのBUISに、B.E.Meyersタイプの四叉ハイダーが絶妙にマッチしています。

hk416d (1)

ストックは純正ストックからSOPMODタイプに交換されています。
純正HKタイプストックは正直なところ使用に耐えるかどうか不安になるペラペラさです。
出っ張っている部分などはぶつけたらもげそうです。ガリガリ使いたいなら交換推奨です。

hk416d (7)

散々物議を醸してきたマルイ製トップレールも、今回は完璧なピカティニー規格でした。

hk416d (6)

それが証拠にRaLueのマウントがガタツキもなく、ぴったりはまりました。
さすがに今後はレールでトラブルの心配はしなくても良さそうですね。

hk416d (2)

今回、右サイドにまったく刻印が入っておらず、落胆された方も多そうですね。
ただまぁ塗装してしまえば何も分からなくなるのでお勧めです。

hk416d (13)

モーターの関係で角度のついたグリップも、やはり見慣れるまでは違和感があります。
アンビで可動のセレクターは頑張ったなという感じです。

hk416d (5)

このグリップを握ると必要以上にハイグリップになってセレクターが深く指に食い込みます。
下のほうを握れば多少はマシなのですが自分で使うことを考えると少しだけ気になる点です。
ただセミは封印してフルの指きり点射だけを使うならば、このへんはささいな問題です。

hk416d (3)

とても引きやすいチャージングハンドル。引くとチャキンと良い音がします。

ちなみに次世代電動M4系はバッファーチューブを一度でも分解すると途端に緩みやすくなります。
ほとんど、すべてのパーツが新規という今回の416も、バッファーチューブだけは互換パーツです。
つまり、次世代の伝統的な弱点はそのまま受け継がれていると考えたほうがいいと思います。
そうすると、このままではバッファーの根元にCQCスリングスイベルを取り付けるのが難しいです。
スリングの取り付け方法には苦労しそうですね。

hk416d (8)

ソースはET1のLiPo 7.4V 2000mAhで、本体から伸びてるのはトリガートークのアダプターです。
それを半分に割ったダミーガーミンとポーチの中に入れ込んでカモフラージュしてあります。

hk416d (9)

入れ込んだ状態。配線もうまく隠せる上に、見た目にも悪くないので良い方法です。

hk416d (10)

人のカスタムのコンセプトを見るのはなかなか楽しいですね。
このカスタム416を見て、自分も購買意欲がむくむくと・・・。
今回、416を買われた方も多いと思いますので、参考になれば幸いです。
そして本エントリーが正真正銘の2012年のラストになります。

また来年、お会いしましょう。皆様、良いお年を。


追記:

416tm.jpg

初撃ちでマルイの416が大量投入されていたので、色々見てきました。
まず次世代M4系列で弱点と言われていたバッファーチューブですが、大幅に強化されていました。
リブも補強済みで、取り付けも機械で強力に圧入する方式になったようです。とにかく硬いです。
人間1人の力では外すのは難しいかもしれません。(大人3人がかりで外した例もあるようです)
これだとCQCスイベルをバッファーの根元に取り付けるのは厳しいです。

416tm (2)

マルイのSOPMODストックのスリットを利用したスリングの固定方法。


Profile

AXE&HAMMER

Author:AXE&HAMMER
装備を集めたり勉強したりしてます。ただし、あくまでも個人の趣味です。装備に対するアプローチも我流ですのでご了承ください。
その他、各地で参加したサバゲのレビュー、ミリフォトを交えた小物のインプレッションなどをしていきます。
そういうジャンルが苦手な方はブラウザの戻るボタンを押して下さい。
※記事の無断転載は硬くお断りいたします。

 
 
 
 
 
QR Code
QR
 
 
Keyword Search
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。