1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MP7A1 RAIL SYSTEM

mp7wilcox (3)

こんばんわ。
海外メーカーのSPARTAN AIRSOFTがMP7用のWilcoxのレプリカレイルを発売しました。
このレイルは限定生産品なので、SEALs装備などで注目していた方は早めに手に入れて下さい。
お値段が多少張りますが、好きな方ならそれだけの価値があるアイテムです。

648105756.jpg

WARRIORS ¥17,980-

東京マルイの電動MP7にインストールする際の注意点をいくつか挙げておきます。
また、加工などをする際にはご自身の責任でお願い致します。

mp7wilcox.jpg

パーツは本体下部にすっぽりはまるアンダーマウントレイル、それを挟む2枚のサイドレールです。
ネジ穴はマルイのMP7にはぴったりでした。KSCのものと、今度発売のマルイGBBに付くかは不明です。

※インストールにあたっては、純正のフォアグリップの切断が必須になります。
それもフレームの際にそって切り落とさないとしっかりとネジ穴にはまる位置まで押し込めませんので慎重に。
マルイMP7のフォアグリップには強度アップのために基部に金属部材が使われているのでカナノコ推奨です。
(KSCのフォアグリップは大丈夫のようですが、マルイのGBBはやはり基部に金属が入っているようです)

mp7wilcox (2)

無事にフォアグリップを切断できたら、適正位置にアンダーマウントを押し込みます。
あとは両側からサイドレールを六角ネジで留めるだけで作業は完了です。かっこいいですね。
注意点がもうひとつ。電動MP7はこのレイルの下にフロント部を外すためのボタンがあります。
つまりバッテリーを付けたり外すためにはレールごと外さなければいけないので多少面倒です。

648114026.jpg

スパルタンのレイルはキッチリとしたピカティニー規格で安心しました。面取りもされていて綺麗です。
しかし製品的に新しくないとはいえ、この純正レイルの精度の悪さは今のマルイさんからは想像つかないです。
純正のレイルはSUREFIREなど2点固定のマウントの物はほとんど付けられません。トップレールもしかりです。
ガスブローバックでレイルが改善されているのであれば、トップレールも交換したいですね・・・。

mp7wilcoxd.jpg

SEALs風オプションパーツ。残念ながらRaLueのT1マウントはトップレールにはまりませんでした。
トップレールの幅も広すぎ、溝も狭く、しかも浅いのでどうしようもない感じが出てます・・・。
KSC用の交換トップレールを無理やり付けられないかも検討を始めるレベルです。

hkmp7.jpg

NRAのSEALsコマーシャルフォトで紹介されていたAORカラーのMP7

以上、簡単なレビューでした。何かの参考になれば幸いです。
ではまた。

スポンサーサイト

SUREFIRE 60 ROUND

surefire60round (5)

こんばんわ。
焼津スペシャルフォースでの遠征をレビューをする前に、一点、小物をご紹介します。
ネットで少し前に話題になったSUREFIRE製の60連ハイキャパシティマガジンになります。
自分が某ショップで見つけて、友人の代理で購入したものです。

surefire60round.jpg

この圧倒的な存在感に度肝を抜かれた方も多いのではないのでしょうか。自分もその一人です。
5.56mmNATO弾を3カラムで60発も装填可能な大型マガジンです。30発マガジンより5センチほど長いですね。

surefire60round (9)

実物のマガジンを加工して、内部に東京マルイ次世代電動M4のノーマルマガジンをビルトインしたものです。
このくびれたアンバランスさがかっこいいですね。

surefire60round (3)

ボトムプレート、SUREFIRE好きとしてはかなりテンションが上がるアイテムです。

surefire60round (6)

意外にも横幅はノーマルマガジン2本分もありません。1.8本くらいです。適度な握りやすさですね。
ダブルマグポーチにすっと入って、リロードせずに60発撃てるのでPMCなどではすでに使われているそうです。
ミリタリーでもそのうち使われ出すかもしれません。ちなみに同じ形状で非常に長い100連マガジンもあります。

surefire60round (8)

ちなみに自分の旧世代M4のフレームにはそもそもハウジングの幅が微妙に足らなくてはまりませんでした。
そこで、友人の次世代Mk18をお借りして写真を撮らせて頂きました。

surefire60round (2)

実射テストを行ったところ、銃本体の問題か、弾の問題か、弾上がりがちょっと不安定でした。
中身はマルイのノーマルマガジンなので、早々問題が起こることはないと思うのですが・・・。
こういう見た目が派手なものはぜひトイガン用でも出してほしいですね。

surefire60round (7)

surefire60round (10)

ジャパニーズ・タクティクールですね!

surefire60round (4)

それではこんなところで。

DAINIEL DEFENCE Ω Rail

DSC_04209.jpg

おはようございます。
ダニエルディフェンスのレプリカと実物の比較を上げてみたいと思います。
レプリカといってもMADBULLがライセンスを取って販売しているものです。

ddomega7 (6)

こちらが実物のΩRailです。中古美品で購入いたしました。
綺麗にエッジが立っていて、怪我をしないように丁寧に面取りがしてあります。
現在は僕のM4に組み込まれています。(実物なので特に書くことがありません…)
あえて言うなら、この異様なオーラを堪能して頂きたいです。
刻印はレールナンバーやメーカーロゴなどもちょっと薄い感じで処理されています。

ddomega7 (7)

そして、こちらがMADBULLのレプリカΩ Railですね。
写真を見て頂けると分かるのですが、実物と比べても仕上げが素晴らしいです。
レールの溝も深くエッジもそれなり立っていますし、とにかく綺麗です。
NBではガタつきがちなアッパーとアンダーレールも隙間なくかみ合います。
刻印は実物を意識して薄めに入ってます。[FOR AIRSOFT ONLY]の刻印が前方にあります。

ddomega7 (5)

MADBULLのレプリカでは一部レイルが太いらしいのですが、ERGOレールカバーも問題なくはまります。
外観上大きな違いはトップレール直下の放熱孔の後ろ側になぜか一本ピンが入ってることですね。

追記:
このピンですが、実銃に使用しないようにガスチューブが通る位置を塞いでいるそうです。

ddomega7 (3)

ノンブランド中華ではすぐに曲がってしまうフレーム側に突き出した部分も補強されています。
機械などを無理矢理にでも使わない限り、不意に曲がってしまうようなこともないと思います。
総評としてはMADBULLのレプリカは1万を切るこの価格でこのクオリティは素晴らしいです。
ノンブランドのレプリカと比べても値段的に高すぎることもないので、見つけたら買いですね。
個人的な印象としては流通在庫自体がちょっと少ないような気もします。

ddomega7 (4)

意外とΩRailのサイドレールの後ろについてる孔がなんなのか知らない方がいます。
僕自身も割と最近まで知らなかったんですが、この写真に答えがありますね。

ddomega7 (2)

実はコレ、QDスリングスイベルがレイルに直接取り付けられるようになっています。
レプだと省略されていることがほとんどです。(MADBULLのは付くのか確認し忘れました)
前方にもアダプターを付けて、スリングを保持する長さを場面によって換えてる写真もあります。
個人的には余計なでっぱりは少ないほうがいいので、これは助かります。

ddomega7.jpg

こちらの方もそうですね。PJのミリフォトでは良く見かけるので、再現してみました。
この位置のスイベルを付ける理由は、銃を後ろに回した時により身体にフィットさせることですかね?
今度、実際のゲームで使い心地を確かめてみたいと思います。
(次回はスカウトライトを紹介できる・・・かもしれません)

A.R.M.S.Ⓡ#40L-SP

▼Low Profile Flip Up Sight

The A.R.M.S.Ⓡ Stand Alone Flip Up Sight & SwanⓇ Sleeve System.
The initial elevation zero utilizes the std, M16/M4 front sight bead.
  WARRIORS ¥22,890-



A.R.M.S製のBUISです。
DEVGRU隊員がよく使っているリアサイトになります。PJの写真でも、もちろん使用例あります。
レプリカは存在するのですが、どうも気に入るようなクオリティの物が見つからず、本物を手に入れました。
下から伸びているワイヤーは脱落防止用です。



サイトを立てた状態です。
右側面に見えている黒いレバーのようなものを操作することで素早く倒立させることができます。
ロックを解放すると立ち上がります。距離の変更は照門のピープ部分を倒すことで可能です。。



用途に似つかわしくない可愛らしいデザインです。
※ずっとアヒルだと思っていましたが、たしかに白鳥ですね。
A.R.M.S製品はそこはかとなくオシャレなものが多い気がします。



それでは、今日のところはこのへんで、失礼します。


Profile

AXE&HAMMER

Author:AXE&HAMMER
装備を集めたり勉強したりしてます。ただし、あくまでも個人の趣味です。装備に対するアプローチも我流ですのでご了承ください。
その他、各地で参加したサバゲのレビュー、ミリフォトを交えた小物のインプレッションなどをしていきます。
そういうジャンルが苦手な方はブラウザの戻るボタンを押して下さい。
※記事の無断転載は硬くお断りいたします。

 
 
 
 
 
QR Code
QR
 
 
Keyword Search
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。