1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


Mk18

MK18_1.jpg

大変ご無沙汰しております。
なかなか忙しくて、こっちのブログは完全におろそかになっちゃってますね。
色々買ったりはするんですが、最近は買って満足しちゃうことが多くて……

今回もかなりあっさり目の記事です。

mk18_15.jpg

モノはVFCのMK18 mod1ですね。RISIIのFDEカラーがまさに芸術的で惚れ惚れします。
今回は比較的新しいパーツで、ややタクトレユースなイメージで組んでみました。
幅広のAFG1とBCMのショートグリップで、スイッチングスタイル。

MK18_2.jpg

SUREFIREのWARCOMPレプリカが出てたので早速つけちゃいました。
フロントサイトは逆付け、ミニスカウトは発射ガスで焼けちゃいそうだけどキニシナイ。

mk18_5.jpg

リモートスイッチは固定してるわけじゃないので、なんか良い位置に収めたいですね。
これだと前握ると指がLA5の軸線に入っちゃってますし…(レーザーは出なくしてあります)

mk18_9.jpg

もはやありふれてしまったCTRストックですが、LaRueのストックライザーでおしゃれなツートンに。
こいつはチークパッドになるんですが、後ろにスライドするのでチャーハンをこのまま引ける優れものです。

mk18_10.jpg

あとはグリップをHOGUEに変えるか、サプレッサーはAACでも良いかもしれませんね。
でも個人的にはSUREFIRE一択。残念ながら古いサプのレプは固定できないのですが・・・w

VFCのMk18は正直ずっと欲しかったライフルなので、満足度は120%です。
コンパクトに最低限の機能はもたせつつ、かっこよさもそこそこある自己満カスタムでした。

スポンサーサイト

TASER X26

CjiYFjTUkAAIkPv.jpg

お久しぶりです。Twitterにもあげた写真をまとめておきます。
WARRIORSから発売されたTASER社の射出式スタンガン『X26』のレプリカを購入しました。
テイザーは通常のスタンガンと違い、標的からある程度の距離をとって扱える非致死性武器です。
お巡りさん装備やるなら持っておいて損はない小物ですね。

CjdBPSGUgAAeKbs.jpg

X26は標準的な拳銃と較べても分かるように、非常にコンパクトです。
高さは約8cm、全長は先端のカートリッジ部まで入れても20cmもありません。

CjYRKU4UUAA8hj1.jpg

造形がとても素晴らしく、お店のこだわりが感じられます。
素材もソリッドで非常に頑丈なので、装備のアクセントに差しておくには充分です。
バトルフィールドみたいにノリで後端にRMRを載せたいですが、CQCホルスターに入らなくなります。

CjYRKU3UgAA032Z.jpg

夜間用ライト・レーザー部もプラの別パーツになっていて、印象が良いです。

CjYRKU_UgAINaLJ.jpg

付属の耐水ステッカーはWARRIORSで定評があるリアルなもの。
シールだけ売っても、モックに貼る人が絶対いると思います。

CjYesW4VEAE0bDB.jpg

カートリッジ部。実際にはこの部分に上下に電極が収まっています。
発射されるとこの黄色い蓋が吹き飛んで電極が飛び出し、対象に突き刺さります。
射程は約5メートル、実用距離は3-4mといったところでしょうか。

CjdBPQkUoAAQFoL.jpg

CjdBPQuUoAAreZi.jpg

CjjX6ojUkAAcyDB.jpg

アメリカにCQCホルスターとカートリッジホルダーも頼んだので、届くのが楽しみです。
ではでは、またお会いしましょう。

GEAR UP in Las Vegas

hka2.jpg

1月に行ったラスベガスのショットショーの写真をつらつらと。マンダロリアンかっこ良すぎました。
会場内各ブースで撮影の許可は貰っていますが、解説とかはあんまりしません。雰囲気だけお楽しみください。

hka3.jpg

hka.jpg

スターウォーズモチーフの中でも特に人気がある印象のあるマンダロリアン。
そのコンセプトアーマーだそうです。案外お値段も手頃だとか。

cadex2.jpg

フラッシュバンマガジンVol5でジーパンマーシャルSOGが持ってるシャッガンにも付いていたストックアダプター。
ARストックが使えて、ピストルグリップに換装。しかもストック自体を外せて簡単に短くできるの最高です。

cadex1.jpg

同じメーカーの監視機材用の複合アダプター。撮影や監視のためのオプティクスをまとめて使えるやつ。

mcs2.jpg
mcs1.jpg

ああ、たまらんすね……。

sfsg.jpg

ちなみにショットショーで展示されている銃の大半は自由に手に取って操作することができます。
ただし例外もあるのでご注意。

sig.jpg

個人的にちょっと好きなSIGのARクローン。あんまり話題に上らないけど…。

eotech.jpg

ホロサイト問題で揺れるEOTechが出してきてちょっと話題になったスコープ(日本製)
1倍が綺麗なのはさすがですね。

srs.jpg

デザートテックのブルパップライフルシリーズ。SRSはとてもバランスよくて使いやすそうな銃。
実はエアガンでもリリースされています。

minigun.jpg

ぜんぜんミニじゃないミニガン。

sniaperrifle.jpg

男の子のロマン、三脚+狙撃銃。

s@cov.jpg

サプカバー

xm2010.jpg

XM2010

six12.jpg

CRYEのSIX12は今個人的に一番熱いショットガンですね。
SilencerCo.のブースにはSIX12のサプ付きスタンドアローンが一緒に展示されてました。

spco1.jpg

オスプレイサプレッサーはショットガン用がでかくて大迫力です。

spco2.jpg

こういう遊び心は大事大事。

spco4.jpg

なかなかこのカクいサプの似合う銃って少ない気がします。
Krissベクターとか、M&P以外だとあんまり…。

spco3.jpg

ちょっと迷走感のあるダニエルくんのARなんですが、モノとしてはとても良いからコメントに困る。

eagle2.jpg
eagle1.jpg

EAGLEのブースを見つけて、舐めるように観察してきました。
今では買うのが難しくなってしまいましたが、やっぱり出来は良いですよね…。

eagle3.jpg
eagle4.jpg
eagle5.jpg
eagle6.jpg

欲しくなっちゃいますね…。

sands.jpg

コンバットダイバー用のS&Sプレートフレームも新型になっていました。

sands2.jpg

スカウトライト関係のアダプターもモデルチェンジしてたり。

opscore.jpg

OPS-CORE

wendys.jpg

Team-Wendys

m9a3.jpg

ベレッタの広告。

beer.jpg

タクティカルエプロンと一緒に使いたいタクティカル・ビアカップ。バーベーキューのお供にどうぞ。

dog.jpg

犬関係の装備もたくさん展示されていました(犬は本物)

las2.jpg

ショットショーの会場、ホテルパラッゾのSandsExpoの外観。

This is Division

thisisdivision (18)

大変ご無沙汰しております。
もはやサバゲのやり方も忘れ始めていた今日このごろ、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
先週末、デザユニで開催されました艦これ『提督サバゲー』に参加して参りました。
いきなり出落ちじゃねぇかと、本当にすまないでち(艦これ要素)

thisisdivision (2)
thisisdivision (7)

3月10日くらいからリリースされましたTPS的終末NY・RPG「トム・クランシー The Division」にはまりまして....
毎度毎度PJ装備ばっかりなのもあれなので、趣向を変えてDivision Agent風装備をでっち上げて組んでみました。
ナイトカモにジーパン、黒ナイロン、テキトーなナップザックに武器をざっくり差しておけば完成です。

thisisdivision (17)

プレキャリはFirst SpearのSiege-R Optimizedのブラック。フリースキャップはMATBOCKでおしゃれを演出。
FSのプレキャリはMOLLEがない分軽く、引っ掛からないし柔らかくて動きやすいのに耐久性は確保されてます。
個人的にはマーシャルSOGも着てるストランドホグMBAVのMCカラーかなーって感じになっています。

thisisdivision (9)
thisisdivision (12)

Divisionはとにかく服や銃の種類が豊富なので、とにかく色んな格好できちゃいます。
割とカラーっぽいものも多いので、酷寒のニューヨークで生き残るには防寒が大事…!

thisisdivision (15)

軽率にエナジーバーを交換するエージェント。

thisisdivision (16)

エージェントにありがちな浪速撃ち

thisisdivision (1)

エージェントにありがちな長物アキンボ。

thisisdivision (21)

ゲーム内でも優遇されているフォルティスグリップ装備のマルイMWS。

thisisdivision (23)

ダークゾーン(隔離に失敗して無法化したマンハッタンの超危険地帯)でヘリを呼ぶエージェント。

thisisdivision (14)
thisisdivision (22)
あまりにも艦これ要素がなさ過ぎて憲兵隊に職質され、慌ててなけなしの艦これ要素をマップポーチの内側から
出してくる提督エージェントもどきたち。JTF(ジャパン・ティンジュフ・フォース)の支援だからセーフセーフ。

thisisdivision (25)

F 長押しで蘇生

thisisdivision (4)

救助が間に合わず息を引き取るエージェント・・・。彼の手には最愛の人の写真が。

thisisdivision (20)

鎮守府クリーナーズ。空気の読めない終末勢を焼き払いにやってきたようです…。

thisisdivision (19)

thisisdivision (3)

マンハッタンには野生化した危険なオオカミさんも・・・。

thisisdivision (8)

MP7はやっぱり最高の殺戮兵器でした。ストックとハイダーが折れましたけど最後まで戦えました。
ショットガンはガスタンクを忘れたせいで、ただの文鎮のような何かでした。

thisisdivision (10)

PAYDAY=ボストン=FALLOUT4=TheDivision=終末装備=艦これ これだ。

thisisdivision (27)
thisisdivision (26)

後輩のチャーリーくんも今回もキレキレのJK装備。
いろんな話を聞きますけど、若い世代がどんどんサバゲー界隈盛り上げてくれてるんですねぇ。

thisisdivision (24)

この妄想次世代先進小銃的な89式はなかなかかっこいいじゃないですか。

thisisdivision (6)
DZ RogueAgent SCP049 "The Docter"
Danger!! High Priority TARGET... Up to date 20160313


「私は許そう。だが、こいつは許すかな?」

25874.jpg

ISAC「Agent Offline」

US 9mm M9 Vol.2

usm9 (6)

こんばんわ。またまた大変ご無沙汰な登場になります。
広告をバスターしたくても、あまりにもミリなネタが無く…
そうこうしているうちに、東京マルイからついにM92Fミリタリーのリメイクが来ました。
KSCのM9がもう使い倒していろいろと限界を迎えているので、さくっと買いました。

usm9 (7)

第一印象はそうですね。これは買いです。
価格は抑えられているのに、パッと見の外観の出来は相当頑張ってると思いました。
質感がとても良いです。ベレッタ特有の工芸品感がよく出ていますね。
持ってみるとマガジンを抜いた状態でもずっしりと重く、程よい緊張感を感じさせます。
(グリップの内側にウェイトが挿入されているためです)

usm9 (3)

パーツナンバーはニアピンで留めた模様ですが、支給品の雰囲気はよく出てますね。
このへんは「US 9mm M9 Vol.1」で紹介したKSCのM9とくらべてみて欲しい部分です。

usm9 (1)

コスパで最強だと思う部分は、やはり初期型のM92Fのマガジンがそのまま使える所です。
同じマガジンを使いながらも、内部メカの進化で、驚くほど力強くブローバックします。
飛びと精度については、そこは世界のマルイなのでなんの心配もしていません。
KSCのM9はとにかくマガジンが高いのがネックなのです。

usm9 (4)

リアサイトはセンターにホワイトドットが入っているもの。

usm9 (5)

実銃から採寸なので、実銃用のカイデックスホルスターにも問題なくきっちり収まります。
抜き差しもストレス無くできます。

usm9 (8)

長年に亘って一緒に戦ったKSCのM9くんも、これにて引退です。
最後に老兵の勇姿を、新人と一緒に残しておきたいと思います。
たぶん撮影用には今後も引っ張りだすことはあるかもしれませんが。
これから買う、旧M92Fから乗り換える、というのであればマルイで間違いないです。
KSCのM9は刻印や仕上げがさらに綺麗なので、モデルガン的な楽しみはあります。

usm9 (10)

usm9 (9)

usm9 (11)

とても簡単になってしまいましたが、今回はこんなところで。
またお会いしましょう。


Profile

AXE&HAMMER

Author:AXE&HAMMER
装備を集めたり勉強したりしてます。ただし、あくまでも個人の趣味です。装備に対するアプローチも我流ですのでご了承ください。
その他、各地で参加したサバゲのレビュー、ミリフォトを交えた小物のインプレッションなどをしていきます。
そういうジャンルが苦手な方はブラウザの戻るボタンを押して下さい。
※記事の無断転載は硬くお断りいたします。

 
 
 
 
 
QR Code
QR
 
 
Keyword Search